驚く女性

AGA治療の主役となる有効成分のフィナステリドは薄毛男性の強い味方ですが、その男性への効果ゆえに女性に対して危険な副作用を持ってしまっています。
もともとフィナステリドは男性用に作られた薬ですので、男性ホルモンの分泌の少ない女性が服用したりすると薄毛の治療どころか大きな影響が身体に出てくるのです。
女性の薄毛には別の薬がありますので、安易にフィナステリドを服用するのはやめましょう。

フィナステリドは男性ホルモンから変化した薄毛の原因ジヒドロテストステロンを抑制する作用がありますが、これが妊娠している女性に働くと母体を通じて胎児に流れ込みます。
そしてお腹の赤ちゃんが男の子であった場合その生殖器の発達を妨げ、正常な男性機能を持たずに生まれてくる危険があるのです。
赤ちゃんが女の子の場合も悪影響が指摘されており、妊娠したりその可能性がある女性には禁忌となっています。
フィナステリドは強い作用があるため女性だけでなく、身体の未発達な子どもにもさまざまな副作用をもたらしますので近づけてはいけません。

フィナステリドが女性にとって脅威なのは、その副作用の大きさもさることながら「経皮吸収されてしまう」という点です。
つまり手でフィナステリドを含んだ錠剤などを触っただけで吸収されてしまうので、近くで誰かが服用しているだけでリスクが高まります。
AGA治療薬はこの点を考慮して直接内容物が触れないようコーティングしてありますが、高用量の錠剤をピルカッターで割って服用している場合などには破片が周囲に飛び散るおそれがあり、女性や子どもがそれに触れてしまわないよう細心の注意が必要です。

成人男性のための薬ということは、そうでない人にとっては危険な薬品であることをよく認識してフィナステリドを活用するようにしましょう。
錠剤の飛散の他にも、フィナステリド含有の薬は子どもが誤って飲み込まないよう手の届かない高い位置に置くか、開けられないケースの中に保管するなどの工夫が必要です。

女性がフィナステリドに触れてしまった場合

フィナステリドの錠剤は、通常であればコーティングされているため女性が触れたからといって何らかの副作用が起こることはありません。
とはいえ、日常生活の中で置いておく以上は、その中の一部が割れたりくだけていたりしていないとは言い切れません。
妊娠している女の人がもし、そんなフィナステリドに触れてしまった場合、皮膚から成分が入り込みおなかにいる赤ちゃんが男の子だった場合にその生殖器に異常を起こしてしまうかもしれないのです。
大切な子どもを守るためにも、その管理には絶対に注意してください。

ちなみに、すでに子どもが生まれて授乳中の女性がその成分を飲んだり触ったりしてしまったからといって、成分が母乳に移るかどうかについては確認されていません。
ですが、問題あってから後悔しても遅いのです。
念のため妊娠中同様、取り扱いに気をつけましょう。

男性がフィナステリドを服用している以上は、その成分が精液にも移ります。
ただ1mgを1日1回、2ヶ月ほど続けたとしても精液に移る量は0.0007パーセント以下、ほんのわずかです。
そのため危険性はないはずですが、そのほんのわずかな成分が胎児に影響を与えないとは言い切れないので子作りをする1ヶ月から3ヶ月前には服用を中止しておいた方がよいでしょう。

フィナステリドは医薬品として効果の高いAGA治療薬です。
服用中は薄毛の悩みも解消されるでしょう。
ただ、大切な我が子に副作用をもたらしてしまわないためにも、子供を望んだときから服用はすっぱりとやめて家の中に置かないようにしてください。
女性の体内に成分が入ってしまっておなかの男の子に影響したことがわかっても、それをなんとかする薬というのは今はまだできていません。