ひどいフケと共に抜け毛が気になり始めたなら、AGAのような脱毛症だけではなく脂漏性皮膚炎の可能性があります。
皮膚の炎症、ぽろぽろと皮膚が剥がれてフケが出るような症状です。頭皮のかゆみの原因もこれに該当する場合があります。
脂漏性皮膚炎というのは、皮脂分泌の多い部分で起こりやすい症状で、皮脂を好む真菌のマラセチア菌が異常繁殖することで起こります。
皮脂の分泌促進は男性ホルモンですので、男性に多く発症しやすい皮膚炎です。
皮脂でべたついていない、乾燥肌でも脂漏性皮膚炎になることはあります。
乾燥していると頭皮はバリア機能も低下していますし、さらに炎症が悪化しやすいのです。

ですから肌がベタついてフケが出ている時にはただゴシゴシ洗えば良いというわけではありません。
このような時に使えるのがケトコナゾール配合のシャンプーです。
早く治すのなら病院に行って外用薬を処方してもらうのが一番ですが、自己判断で使うならシャンプーが安心です。
発毛効果に対しても医学的根拠があるとされていますので、抜け毛の原因がカビなのかまだ分からない時にも使うことができます。

病院に行かなくても皮脂バランスが整えば状態は改善しますが、頭皮環境が悪化しているのを放置していれば、髪は抜けやすくなってハゲてしまいます。
フケが出て髪が抜ける原因が真菌ということが分かれば、皮膚科でもケトコナゾールを配合した外用薬を出されます。
ケトコナゾールはカビのような真菌に対して効果の高い薬で、真菌が細胞膜を維持できなくなることで死滅させることができるのです。

脂漏性皮膚炎の治療でケトコナゾールを使う時には、就寝前と朝のように1日2回使用します。
抜け毛の原因が脂漏性皮膚炎だったなら、ケトコナゾールを使用することで状態が改善することに期待ができます。
皮脂が過剰に分泌している状態では、頭皮環境も悪く髪の毛も育ちにくいですので、まずはハゲの治療をするよりも頭皮環境を整えるためにもケトコナゾールが有効なのです。

何故頭皮にカビが発生するのか

体に発生するカビとして、水虫があります。
これは真菌の一種である白癬菌が引き起こす病気ですが、自然界には数え切れないほどたくさんのカビが存在していますし、常在菌という人体に存在するカビもあります。

頭皮に発生するカビとして挙げられるのが、マラセチアという常在菌です。
通常の量であれば、症状があらわれるという事はありませんが、異常繁殖した場合には、様々なハゲやフケなどの症状が現れることになります。
そもそも、カビは多湿の環境を好む傾向にあります。

皮脂の分泌量が多い人の頭皮は、まさにマラセチアの繁殖に適した環境です。
さらに皮脂を餌として繁殖するということもあり、免疫低下などの影響によって、本来であれば抑えられる菌の繁殖が抑えられずに繁殖してしまいます。

症状が進むと、脂漏性皮膚炎を引き起こすこともあります。
頭皮のカビ対策としては、ケトコナゾールなどのカビの治療に使用される物質を使用するということに加えて、シャンプーをした後は髪の毛と頭皮をしっかりと感想させ、蒸れやすい環境を作らないなど、原因に対してアプローチすることが大切でしょう。

ケトコナゾールを使用する際には、正しい方法で使用するということが大切です。
基本的な使用方法は1日2回、就寝前と朝に使用するという方法です。
髪の毛がハゲるとそのことばかりに気が向きがちですが、正しい原因を知るようにします。

また、カビの発生の原因には、免疫力の低下が挙げられます。
免疫力が低下するのは、禁煙や飲酒、睡眠不足、栄養バランスの悪い食事など、様々な理由があります。
免疫力を高めるためにも疲れを溜めないようにするということが大切になります。
特に睡眠が重要で、最低でも6時間程度は睡眠を取るようにしましょう。