頭皮を気にする男性

男性型脱毛症の治療薬の有効成分であるフィナステリドは、男性ホルモンのアンドロゲンのはたらきを抑制する作用があり、抗アンドロゲン剤の一種です。
フィナステリドは、内服薬でも外用薬でも効果が期待でき、内服薬の場合は血液を通って毛根へ届き、ジヒドロテストステロンを作りだして髪の成長を止める5αリダクターゼという酵素を抑制します。
この働きによって、毛母細胞のはたらきが妨げられることが抑制されますので、男性型脱毛症の改善が期待できるといわれています。
外用薬の場合も、フィナステリドは頭皮から毛根に浸透しますので、内服薬と同様の効果を発揮します。

フィナステリドの副作用は、性欲の減退や勃起機能障害、肝機能障害が報告されています。
薬剤特有のアレルギーがある場合は、発疹や蕁麻疹、血管浮腫などのアレルギー症状が起こる可能性もあります。
しかしながら、臨床試験の結果では副作用の危険性は極めて低いというデータもあります。
臨床結果では見られなかったポストフィナステリド症候群の副作用も報告されています。
これは、フィナステリドを飲み終わった後に副作用が生じたり、副作用の症状が一定の期間いつまでも続く後遺症を一括して表している症候群です。

フィナステリドは、1日1mgを上限とし、効果が確認できるまでは6ヵ月以上継続して服用することが必要です。
それは、血液中にフィナステリドを取り入れている状態を保ち続けることが大切だからです。
もし、服用を中止するとその効果はなくなってしまい、男性型脱毛症が再び進行してしまいます。

フィナステリドは副作用が比較的少ないですが、使用することで異常が認められた場合は、投与を中止し処方した医師に相談することが大切です。
また、妊娠している可能性がある方や妊婦、授乳中の方は服用することができません。
特に、妊娠中の方は、フィナステリドが男性胎児の生殖器官の発育に悪影響を及ぼす可能性があると報告されているため服用は避ける必要があります。

フィナステリドの副作用はいつまで続く?

男性型脱毛症の治療薬の有効成分であるフィナステリドは効果が高いですが副作用の危険性もあります。
発生率は低いというデータがありますが、副作用が起きてしまったときにいつまで続いてしまうのか改善するまでの期間も知っておくことが大切です。

基本的には他の薬と同様に使用中に発生するため、異常を感じたら中止すればすぐに改善するケースがほとんどです。
しかし、ポストフィナステリド症候群と呼ばれる服用を中止した後でも副作用が継続する、または中止してから発生し、改善が見られない場合もあるので注意が必要です。

ポストフィナステリド症候群はそのような症状を訴える人が見られることから財団が設立され、研究が続けられている状況であり、正確な因果関係は明確になっていません。
また、長期的な影響を調べるために服用を中止してから聞き取りまでに数年が経過しているのでフィナステリド以外が要因の可能性も考えられますが、意識しておいた方が良いです。
服用中に発生した副作用が継続する場合が多いため、ポストフィナステリド症候群を避けるには副作用が起きないように必ず使用方法を守り、異常を感じたときは中止して医師に相談することが大切です。

異常を感じていない場合でも定期的に検査を受けて僅かな副作用の兆候も見逃さないように心掛ける必要もあります。
フィナステリド固有の副作用ではありませんが、内服薬は肝臓に負担がかかるので肝機能障害を引き起こす危険性があります。
沈黙の臓器とも呼ばれる肝臓は自覚症状が感じられる状態になると手遅れの場合も少なくありません。
重度になると肝臓がんになることもあり、服用を中止しても治らないので服用する前から血液検査で異常がないか確認する必要があります。